● べンツゲレンデのシート張替え

● 究極のオフローダー『ゲレンデ』 究極のオフローダー『ゲレンデ』

メルセデスベンツの『ゲレンデ』は、唯一無二のオフローダーとしての存在感を発揮しています。
メルセデス社の伝統である「ボディを基本から磨く」を体現した堅牢強固なボディ、オフローダーながら市街地でのクルージングにも違和感ないスタイリッシュなデザインは、これまでにメルセデスベンツに興味を示さなかったような若い世代にも大人気です。
ベンツゲレンデは、その無骨な外観からはイメージできないような高級感あふれる内容が施されています。
人間工学に基づいたデザインに数々の機能を融合させながらも落ち着きのある高級感が漂う室内空間。
最新のモデルではdesigno(デジーノ)レザーを採用しており、ダイヤモンドデザインのステッチも選択可能です。
ハンドルやインパネは黒を基調としたデザインから木目調なども用意されています。
このようなオフローダーながらもベンツらしい内装が、ゲレンデの特徴といえるでしょう。

● ベンツだからこそ装備したい本革シート レクサスrxの内装アレンジ例

メルセデスベンツだからこそ選択したい最上級、それが本革シートです。
ベンツゲレンデも、もちろん本革シート仕様が選択可能。
無骨ではあっても、やはりメルセデス社のベンツゲレンデには、本革シートの内装が最もお似合いです。
本革シートの独特ななめらかさとしっとり感、それでいて重厚、高級感なら本革に勝る素材はありません。
ベンツゲレンデは特に若者に大人気のクラスで、中古でも必ず買い手がつく人気車種です。
ところが、中古で問題になるのが本革の劣化。
本革は独特の質感や高級感を醸し出す一方で、劣化に弱いというデメリットもはらんでいます。
ベンツゲレンデにはプライバシーガラスも装備されていますが、車外から照り付ける紫外線は容赦なく本革シートを劣化させてしまうのです。
また、気候のよいドイツとは異なり、日本は寒暖の差が激しく高温多湿の時期もあるため、本革だけでなく内貼りなどの内装にもダメージを負わせます。
ベンツゲレンデの最高の高級感を長く保つには、新車、中古車を問わずシートや内装の張替が必須となるでしょう。

弊社『is.ME』は1978年の創業以来、本革シートの張替や内装のカスタムなど、お客さまの要望に応じて常に気合いと愛情を込めたオーダーカスタムをおこなってきました。
ベンツゲレンデの本革シート張替は、ぜひ弊社にお任せください!