● ゲレンデ内装の加工実例

● ベンツゲレンデの差は内装にアリ! レクサスLSの内装アレンジ例

幾度かのマイナーチェンジを繰り返しつつも、ほぼ外観のイメージに変更がないメルセデスベンツGクラス『ゲレンデ』。
独特な真四角のボディが、もともとは軍用車であったゲレンデの強固かつ堅牢なイメージを演出し続けています。
ベンツゲレンデの内装は、ほかのクラス同様に、常にメルセデスの最上級コンセプトを取り入れた仕様になっており、最新のものではメルセデス社のデザインへのこだわりが生み出したdesigno(デジーノ)レザーを採用して繊細な肌触りはそのままに、多用なカラーバリエーションから選択可能です。
パネルも落ち着きのあるブラックウッドや温かみのあるウォールナットウッド、洗練されたスポーティーさが魅力のカーボンなど、ユーザーが求める高級感に応じたものを選ぶことが出来ます。
外観に差がないからこそ、ベンツゲレンデで個性を発揮するには内装にこだわりを持ちたいところです。

● ベンツゲレンデの内装カスタム レクサスrxの内装アレンジ例

実際にベンツゲレンデに施された内装のカスタム例を紹介します。
特に中古車では、パネルまわりが温かみのあるウッド調のものが多く出回っていますが、引き締まったスポーティーなイメージにチェンジしたいと感じる場合は、カーボン調へのカスタムがおススメです。
シフトレバー、オーディオ、エアコンスイッチ周辺のパネルを全てカーボン調に変更することで、車内の雰囲気がグッと引き締まります。
「よりラグジュアリーに」という要望に応えるカスタム例としては、パネル類を古い木目調の素材に、各部のレザーには黒と茶の本革にダメージ加工を施せば、まるでビンテージ感のあるリゾートホテルの一室のような室内になるでしょう。
メルセデスベンツの持つ高級感に相まって、最高のラグジュアリーを演出することができます。

『is.ME』は、1978年の創業以来、数多くのお客さまの要望に応じて愛車のカスタムに取り組んできました。
ベンツゲレンデの内装カスタムを検討されているお客さまは、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
スポーティーもラグジュアリーも、様々な素材やカラーバリエーションによって気合いと愛情を込めて満足いただける仕上がりをお約束します。